ちょっとリッチ部

少しでも満足感を高める生活を

但馬牛100%カレーから学ぶ

スポンサーリンク

ビーフカレーはカレーの中でも好きな種類です。家にあるのを見つけました。

「但馬のどてカレー」

f:id:ignispark:20150916075448j:plain

パッケージには、但馬牛100%の文字が踊ります。
さっそくパッケージを破り中身を取り出してみます。

f:id:ignispark:20150916075653j:plain

レトルトタイプです。お湯で温めるタイプですね。
お湯を沸かしカレーを温めます。
その間、パッケージのカレーを眺めます。

f:id:ignispark:20150916075812j:plain

うまそう。肉はどれくらい入ってんだ?と心躍ります。

そして、カレーは温まりご飯にかけます。

f:id:ignispark:20150916075917j:plain

パッケージより具は少ない…。

f:id:ignispark:20150916080100j:plain

気にしてはいけません。但馬牛100%で肉以外の具にはお金をかけれないのでしょう。

食べると何だか水っぽい。あまり辛くない。ビーフは柔らかすぎてイマイチだな。

個人的にはあまり好ましくないビーフカレーでした。
但馬牛のはし切れの活用に作ったと思われるカレーですが、肝心なカレーを上手に作れなかったのでしょう。

結果的には美味しかったのですが、パッケージほどの満足感はなかったです。

但馬牛が入っていてもカレーはカレーです。ベースとなる部分の完成度を高めないといけません。

何事も基礎が大事。小手先を変えてもすぐに見破られます。勉強も仕事もカレーも基礎ができていないと応用はきかない、同じだなぁと感じました。

広告を非表示にする