読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとリッチ部

少しでも満足感を高める生活を

当たって砕けて幸せになれ

スポンサーリンク

決断や実行したい物事があるとき、人は入念に準備を行います。
中には入念に準備をしても不安が解消されない場合があります。

f:id:ignispark:20150910173021j:plain

例えば相手を説得するとき等はどんなに準備をしても不安が残ります。
そんな不安はいつまでも解消されません。

なぜなら相手次第で結果がどう転ぶか分からないからです。
なのにひたすら入念に準備を繰返し、時間ばかり経過する人を見ているとヤキモキします。

私は準備が整っても不安なら、当たって砕けるか確かめてみたらいいと思います。
もう、準備時間は終わりにして実行するべきと思います。

当たって砕けるか確める理由

当たってみれば上手くいくこともあります。
そうなればラッキーです。
準備で悩む時間があほらしいです。

当たって砕けたとしても大きな成果があります。

まず、何が不安だったか明らかになります。
自分では想像もつかない、準備が不足していた点が把握できる成果がでます。

次に気持ちは伝わるメリットがあります。
砕けたとしても、当たった分の想いは相手に伝わります。
準備をひたすら行うのは相手から見れば何もしていないのと同じです。
だったら当たって少しでも響くものを残した方が良いと思うのです。

チャンスは1回じゃないだろ

たいがいの物事はチャンスは1回ではないです。
だったらやれるだけの準備をしたら当たってしまえと思います。
当たることでしか分からないことはあるから、必ず次のチャンスに繋がると思います。

相手に気持ちが伝わり、さらに万全な準備が行える「当たる」は怖いものでなく「有意義」なものだと思います。

当たって砕けることが怖くて前進しない人は何もできない自分に言い訳しているだけです。

本当にチャンスは1回しかないのか、よく考えてみてはどうかと思います。

中には何度も当たらないと突破できない壁もあります。
こんなときは準備ばかりするのではなく何度も当たって砕けて、壁にダメージを残し、繰返しダメージを与えることで壁を突破することも必要になります。

不安や怖さは相手のことが分からないから。
相手を知るには当たってみること。
これが現状を打破するには重要なことだと思います。

チャンスは1回ではないはず。
これが理解できない人は、いつまでも準備をしていてください。

当たって砕けた破片を集めれば、うまくいくポイントが見つかります。

広告を非表示にする