読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとリッチ部

少しでも満足感を高める生活を

出世は自分を捨てることで自称頑張ってる程度では評価されないんだよ

スポンサーリンク

会社で俺は頑張ってると思っている人は多いです。
でも「頑張ってること」と「評価されること」はリンクしない現実があります。

f:id:ignispark:20150907171022j:plain

会社などで高評価を受けることが出来るのはせいぜい上位2割です。

残り8割は普通からダメに分類されます。
頑張ってると自信があっても上位2割に入るのはとても難しいです。

みんなが頑張ってる中で2割に入るのは自称頑張ってるレベルでは無理です。
上位2割に入るには特別な評価が必要になります。

頑張っている人は、仕事で気が利く、ピンチを頑張って乗り越える、チャンスを逃さず成果を上げるなど、アピールすることは沢山あります。

でもこれってアピールにならないです。
会社から見ればどれも当たり前の活動でただ仕事してくれている、ありがとう!の範疇です。

上位2割に入るには別の評価軸で高評価を受ける必要があります。
それは評価する人を気持ちよくすることです。

そう「ゴマをする」です。

そんな訳がないと思った人は2割には入れません。
人が人を評価する以上、評価する人の心にいかに入り込むかが勝負です。

評価する人が困りそうな時に先回りする。
決断した時に背中を押す。
寂しそうな時に酒に付き合う。
スゴイですねと持ち上げる。

全ては評価されるために…。
そんな覚悟や行動をせずに評価されないと嘆いても仕方ないです。

評価する人の好きな人、上位2割に入らなければダメなんです。

そう考えればサラリーマンはくだらないですね。
偉くなりたければ自分を捨てなければなりません。
それができないなら出世は諦めましょう。
上位2割は仕事だけではないんです。

私はとっとと普通の8割に入る決断をしました。
おじさんがおじさんに好かれようと必死なのは見苦しく、自分には無理です。

仕事が少しできるからと夢を見ている人には申し訳ないですが現実はこんな感じです。

だから逆に評価されなくても悲観することはないです。
おじさんへの求愛が苦手なだけということです。

出世という謎のシステムに乗るなら自分を捨てる、自分が捨てれないなら夢を見ずに普通にしている。

そんな割り切りに早く気づくべきです。
一番もったいないのは仕事を頑張るだけ頑張り、出世を望み落胆することです。

早く自分を捨てるほど頑張れない自分に気づくことができれば、ちょっとリッチです。

理解不能な落胆をせずにすみます。

広告を非表示にする